VMC Protocol リファレンス実装と使用例

利用可能なアプリケーションをご紹介します

リファレンス実装

採用事例

Performer(モーション送信)アプリケーション

Assistant(拡張情報送信)アプリケーション

  • waidayo/face2vmc - iPhoneを用いたフェイシャルキャプチャ。VMCと併用可能
  • QuestOSCTransformSender - Oculus Quest OSC transform sender for VirtualMotionCapture
  • Simple Motion Tracker - Webカメラを使用した顏認識によるヘッドトラッキングやアイトラッキング。VMCと共に使用する。

Marionette(モーション受信)アプリケーション

ライブラリ

  • EVMC4U - Unity向けモーション受信アセット
  • VMC4UE - Unreal Engine向けモーション受信プラグイン

映像配信・収録ツール

  • Virtual Streamer 360 - VR360°配信用のソフトウェア
  • だれでもVsinger - 生歌配信、もしくはMVを一発撮りするために作られたものです
  • Collaboll(コラボル) - VRMモデルとネットワーク通信で、複数人数でバーチャルキャラクター、所謂Vtuber動画を収録する事が出来るアプリです。
  • Oredayo4V - 主にWaidayoの撮影を支援するために作成された高性能VMCProtocolビューア

映像支援ツール

  • VMC-Websocket-OBS - VMCProtocolを用いてバーチャルモーションキャプチャーの状態を取得し、Websocketを用いてOBSを制御するソフトウェア
  • ゆかりねっとコネクター - 話した言葉を字幕にして、多言語翻訳まで出来る配信支援アプリです。(キャリブレーション開始コマンドの発行に対応。YNC独自拡張仕様により字幕表示もサポート)
  • VMCbroadcaster_v0.1 - バモキャの映像を見ながらカメラマンが頑張るソフト
  • vmc2bvh - バーチャルモーションキャプチャーからBVH (Biovision Hierarchy)モーションファイルを生成するツール
  • VMCSaberTraining - きれいなセーバーを振り回せるツール

ゲーム

開発者向けツール

  • VMCProtocolMultiplexer - VMCProtocolを分配するソフトウェア。複数の入出力を持ち、配送先を自由に設定することができる。
  • VMCProtocolMonitor - MarionetteとしてVMCProtocolの受信内容を表示するソフトウェア。 ごく単純に受信内容をコンソールに流すモードと、VMCProtocolに基づいてブラウザに一覧表示するモードがあります。
  • VMCProtocolModelViewer - VMCProtocolの受信内容をVMC互換で表示するソフトウェア。バーチャルモーションキャプチャーとほぼ同等の表示を実現しようとします

依存ライブラリ

解説記事

本項目は見つけ次第掲載しているものです。本ページへの掲載・削除に関してはIssueよりお知らせください。