VMC Protocol サンプル

プロトコル実装のサンプルです

プロトコル実装のサンプルは以下にあります。
Unity 2018.4.19f1で動作を確認しています。

サンプル(github)

ライセンス

このサンプルスクリプトのライセンスはソースコード先頭に記載されています。

依存ライブラリ

SampleBonesSend.cs

Performer - モーション送信側サンプルです。
VRMモデルのroot位置、ボーン、BlendShapeProxyを送信します。

uOSC Clientとともに使用します。

ModelにVRMモデルのGameObjectを設定してください。

SampleBonesReceive.cs

Marionette - モーション受信側サンプルです。
VRMモデルへのroot位置適用、ボーン適用、BlendShapeProxy適用を行います。

uOSC Serverとともに使用します。

ModelにVRMモデルのGameObjectを設定してください。

SampleTrackerSend.cs

Assistant - 主にモーションの処理はせず、補助的な情報をPerformerに送信するサンプルです。
仮想トラッカー、BlendShapeProxyの送信を行います。

uOSC Clientとともに使用します。

送信したいデバイス種別、GameObjectのTransform、任意のシリアル番号を入力すると仮想デバイスとして送信します。

BlendShapeProxy名、値(0.0~1.0)を入力すると、BlendShapeProxy値として送信します。

CameraPositionSend.cs

Assistant - 主にモーションの処理はせず、補助的な情報をPerformerに送信するサンプルです。
アタッチしたオブジェクトの位置をカメラ位置として送信します。

uOSC Clientとともに使用します。